疲れない自然に楽な身体になる、効果を持続させるロルフィング® ストレスからの解放にクレニオセイクラルワークを

ダンサーの為のロルフィング®

前回のコラムで、ニュートラルということについて書きました。

このニュートラルという考え方、姿勢は、あらゆる動き方の基本と言っても良いと思います。

なぜ、このニュートラルということが大切なのでしょうか?

ニュートラルでない姿勢というのは、首が前に出ていたり、腰が反っていたり、猫背だったり、膝を過伸展していたり、身体にとっては負担の大きい姿勢です。
重力に対して無理のある姿勢から動き出すということは、負担が大きい動き方にもなります。

私もやっているベリーダンスでは、無理のない姿勢を保って踊れることが大事な要素になってきます。
たまに、腰を反らせて踊る人がいますが、この姿勢は腰に負担が大きく、腰痛になる人もいます。
特に普段の姿勢が腰を反らせ気味の方は要注意です。腰の反りを気にせずそのままダウンキックや腰を回す動きなどの動きを続けると、腰を痛めてしまいがちです。
健康の為、ダイエットの為、綺麗になりたいなどの理由で踊りを始めても、腰が痛くなってしまっては元も子もないですね。

他にも、膝の過伸展の方も要注意です。
過伸展は、脚の膝小僧をぎゅっと反らせるようにする膝の状態ですが、クラシックバレエなどの踊りでは、先生から膝をしまって~と子供の頃から注意された方もいるでしょう。
クラシックバレエでは、膝が出ていると美しく見えないので、ギュッとするのが普通と思っている方もいるかもしれません。
一見、この膝の過伸展状態は綺麗に見えるのですが、ニュートラルな状態からすると不自然です。 膝の過伸展は、反り腰を作ります。

バレエに限らず、ベリーダンスでもこの膝の過伸展の状態で、シミーやラーシャ(膝をカクカク揺らす動き)を行うと、膝が痛くなってしまいます。
バレエもベリーダンスも、自分の中心軸をしっかり持って、腕や脚は自由に動かせるようなゆるい状態でいられるようになると、本当に楽に踊れるようになります。

ロルフィングは、身体の軸を作り、体軸と四肢(腕や脚)とのつながりを作っていきます。 結果、身体がニュートラルな状態になります。
本当に優れたダンサーは、このニュートラルな状態に自然にいられる人とも言えると思います。

私も昔は反り腰で、膝が痛くなったこともありますが、ロルフィングを受けてからは、ニュートラルな身体の状態に近づき踊りも上達したと思います。
クラシックバレエ、ベリーダンス、フラメンコなど踊りの基本となる身体の使い方は一緒です。
踊りは続けているけれど、なかなか思うように踊れない、踊っていると身体のどこかが痛くなるというダンサーの方は、身体が上手く使えていない可能性があります。
身体をニュートラルな状態にして、踊れる身体の土台を作れば、踊りのパフォーマンスは向上します。
もっとうまく踊れるようになりたいというダンサーの方には、ロルフィングを上手く使って、更なる向上を目指していただきたいと思います。

rose

女性ロルファーによる丁寧な施術で、身体の不調を改善し健やかな身体と心を取り戻すお手伝いをしています TEL 090-1794-5357 東京都品川区・大崎駅から徒歩3分

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.