秋の養生

今年の猛暑も一区切りついて、一度、涼しくなりましたが、また暑さが復活しています。

まだまだ蒸し暑い日が続いていますが、夜は虫の声も聞かれるようになり、秋の気配を感じるようになりました。

最近、スマホやパソコンを使うことも多く、文字が見えづらいなと感じることがあります。
夏の強い紫外線も影響しているかと思いますが、今年の夏は、ひときわ暑さや湿度、紫外線など身体への負担が大きかったように思います。

夏の終わりには、秋へ向けての秋の養生が必要になってくる時期です。

去年の薬膳教室では、秋の養生で、菊花茶が出されました。

菊の花は、薬膳の分類で言うと、辛涼解表類(しんりょうげひょうるい)に入ります。

辛・・・味に辛味がある

涼・・・涼性。身体を冷やす作用がある。

解表・・・身体の体表の邪気を取る

つまり、菊花茶は、辛味があって(実際には、辛いと感じることはないです)、身体を冷やす効能があり、身体の体表の邪気をとる食材だということです。

邪気とは?

薬膳では、邪気(じゃき)というものが身体に害を及ぼすと考えます。

邪気はこんな流れで、身体に入ってきます。

  邪気が身体の表面に付く → 身体の内側に入る

邪気が身体の表面にあるうちは、まだ邪気は身体の中に取り込まれていません。
ですが、邪気が身体の内側まで入ってくると、症状は重くなります。

たとえば、風邪をひいて、寒気がする、くしゃみが出る風邪気味の時は、まだ邪気は身体の表面にあります。
ですが、身体の内側に入ってくると、熱がでて、本格的に風邪をひいてしまいます。

風邪っぽいな、風邪気味かなという時に、邪気をそれ以上とりこまないようにすれば、早めに風邪を治すことができます。

菊花茶

こんな季節の代わり目の時は、体調を崩しやすく、風邪も引きやすいですね。

こんな時期にお勧めなのが、身体の体表の邪気をとる「菊花茶」です。

菊は、喉(のど)、目、頭痛、じんましんにも良いとされています。

菊花茶には、野菊と菊花といった種類がありますが、効能は、野菊よりも菊花の方が効くようです。

飲み方は、簡単。

菊の花を乾燥させた菊花茶をカップに入れて、お湯を注ぎ、少し抽出させてからいただきます。

1日の大体の量は6グラム。

 

 

 

 

 

 

 

菊花茶は、ネットなどでも購入できますが、菊の種類も確認してみてくださいね。

菊花は、目の健康に良いですが、肝臓にも良い薬膳茶です。

中医学的に目と肝臓は、関係がありますので、菊花茶を飲むことで肝臓にも良い影響があります。

疲れ目、かすみ目などの眼精疲労を感じたら、菊花茶を飲んでみてはいかがでしょうか?

 

菊花茶の効能を書きましたが、和食でも、菊の花を食べることがあります。

両親の出身が山形なので、我が家でも、もってのほかと呼ばれる菊の花をいただくことがあります。

もってのほかは、紫色の食用菊で、山形を代表する食材の1つです。

 

 

 

 

 

 

名前は、菊(御紋)を食べるのは、もってのほかに由来するとか。

さっと茹でて、お醤油などをかけて食べるのが美味しいです。

このもってのほかも目に良い効能があるとされています。

 

 

 

 

 

 

今日は、菊花茶をいれてみました。

黄金色の綺麗なお茶で、癖がなく飲みやすいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

疲れ目、目のかすみなどを感じたら、菊の花をお茶やお料理にしていただいてみてはいかがでしょうか?

 

Rolfing Terra
ロルフィング Terra 品川・大崎
JR・りんかい線 大崎駅徒歩3分
東急池上線 大崎広小路駅徒歩8分
(完全予約制)
認定アドバンス・ロルファー™
ロルフ・ムーブメント・プラクティショナー
二戸部千景(にとべちかげ)
Phone: 090-1794-5357
Mail: rolferchika@gmail.com
HP: http://www.rolfing-terra.com/