疲れない自然に楽な身体になる、効果を持続させるロルフィング® ストレスからの解放にクレニオセイクラルワークを

目の使い方

ロルフィング®では、手技により筋膜をリリースし調整するだけでなく、身体の使い方をお伝えしていきます。

身体を一時的にほぐしたり、調整することは、普通の整体やマッサージでも出来ますが、身体が固くなったり、痛くなる度に整体に行くのでは、いつまでも同じ繰り返しになってしまいます。

今までの身体の癖や、生活習慣を変えることで、慢性的な痛みが緩和されたり、身体が痛くなる前に自分で身体の調整が出来るようになります。

日々の生活の中で、訴えの多い症状は、首こり、肩こり、腰痛でしょうか?
首こり、肩こりの場合、その辺りを揉んでいれば、凝りは良くなるかもしれません。
ただ、数日経って、同じような凝りや痛みがある場合は、生活習慣や癖が原因になっているとも考えられます。

今回は、少し目の使い方を考えてみましょう。

普段、目をどのように使っているでしょうか?

パソコンを見る時は、目をじっと凝らして見ていますか? スマートホンを見る時は?

人間は、何かその物の形や色などの情報を得る為に、首をしっかり固定させて対象物を見て、焦点を合わせようとしますよね?
こういう時は、人は中心視野と呼ばれる方法で物を見ています。

中心視野では、その物の特徴をしっかり見て、それが何なのかを判断します。
普段、パソコンでお仕事をする場合は、この中心視野で見ていると思います。

それとは違う見方が、周辺視野です。

周辺視野は、中心視野とは違い、どこか特定の所を凝視するのではなく、視界に入る景色全体を見るような感じです。

この中心視野と周辺視野のどちらを使うのが良いのでしょうか?

人間が生きていく上では、どちらも大切な目の使い方ですが、現代人においては、周辺視野よりも中心視野を使う機会の方が多いかもしれません。

私達がアフリカのサバンナで生活していたとしましょう。
周りには野生の動物たちが沢山います。
そういう所で、中心視野だけを使っていたとしたら、近づいてきたライオンに気が付かないで、襲われてしまうかもしれません。

私達が周りの危険な事や、突発的な出来事から、自分自身を守るには、周辺視野をきちんと使えていることがとても大切です。

中心視野は普段の生活で沢山使っている方が多いと思うので、周辺視野を使えるようにしましょう。

一番良いのは、樹木などの緑をぼーっと見ることでしょうか?
周りに緑が無い場合は、今見ている物をなんとなく、頭の後ろの方から見ているように見るのも良いと思います。
目は顔の前面についていますが、その目が頭の後ろの辺りにあるイメージを持って、そこから前を見る感じです。
その状態で、視界全体を見るようにしてみましょう。

慣れるまでは、違和感があるかもしれませんが、これは、目を凝視して眼精疲労を起こしてしまう方にも有効だと思います。
この目の使い方はどこでも出来るので、ぜひ試してみてくださいね。

哲学の木

女性ロルファーによる丁寧な施術で、身体の不調を改善し健やかな身体と心を取り戻すお手伝いをしています TEL 090-1794-5357 東京都品川区・大崎駅から徒歩3分

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.