疲れない自然に楽な身体になる、効果を持続させるロルフィング® ストレスからの解放にクレニオセイクラルワークを

腰痛と視線

腰痛になると、その痛みからあまり動かないようにしている方も多いと思います。

急性期のぎっくり腰の場合は、痛くて動けないので、身体を動かすよりは、安静にした方が良い場合もあります。
ただ、慢性的に腰に痛みがあるような方の場合は、全く動かないよりも、少し動いた方が良いと思います。

動く時の意識のポイントですが、腰が痛いからと腰をかがめて動いていると、どうしても姿勢が悪くなります。
前かがみの姿勢をとれば、肩こりや首こりが起こり、腰以外も痛くなってしまいます。
ですので、自分の視線を意識してみましょう。

ご自分の視線は今どこにあるでしょうか?

伏し目がちでしょうか? それとも真っ直ぐ前を見れていますか?

腰痛持ちの方を見ていると、腰をかばうあまり、背中を丸くして、知らず知らずのうちに視線を下にしてしまう方が多いです。

視線を下にしたまま、伏し目がちに運動をしても、身体には負担が大きくなってしまいます。

一番良いのは、ロルフィング®などのボディワークを受けていただいて、身体のバランスを整えることが一番ですが、普段の生活での視線、運動するときの視線を少し意識して、上を見るようにしてみましょう。 首や肩が痛くなるほど上を見る必要はありません。 ほんの少し思い出した時だけでも視線を上げるだけで良いのです。

視線を上げることを意識できるようになったら、今度はご自分の胸のあたり、背骨の前側も意識してみましょう。
この場所は、ロルフィングでは大事な場所の1つです。

腰痛がある方や首こり、肩こりがある方を見ると、この胸のあたり(背骨の前側部分)が下に落ちていて、身体の前面が短くなっています。
常にこういう姿勢でいるということは、どうしても身体のどこかに痛みが出てしまいます。

バレエをやっている方などは、先生から身体の引き上げを意識してと言われると思いますが、この引上げをするのがこの場所になります。
バレエダンサーは姿勢が良いですが、この引上げができているからこそ、良い姿勢を保てているとも言えます。

腰痛のある方の場合、いきなり良い姿勢になろうとしても難しいですが、少し視線を上げて、身体の引き上げが意識できるようになると、自然に腰が真っ直ぐ上がり、楽な姿勢をとれるようになると思います。 まずはご自分の視線がどこにあるか確認してみてくださいね。

視線

女性ロルファーによる丁寧な施術で、身体の不調を改善し健やかな身体と心を取り戻すお手伝いをしています TEL 090-1794-5357 東京都品川区・大崎駅から徒歩3分

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.