ロルフィング・Rolfingで身体を整え、バランスのとれた快適な身体に

足音は大きい方が良い?

時々、スポーツクラブのトレッドミルで歩いたり、走ったりしています。

トレッドミルは、回転しているベルトの上を歩くマシンで、ウォーキングマシン、ジョギングマシンなどとも言います。

歩いていると、同じ機械なのに、ものすごい足音を立てて、歩いたり、走っている人がいます。

バシバシ、ドシドシ・・・足音がすごいです。

街中でも、道路をカツカツ音を立てて歩いている女性、エスカレーターをドシドシ鳴らしながら歩いている男性、色々です。

ドラマでカツカツ、ヒールの音を立てて歩いている女優さんは颯爽として恰好良いのですが、足音はする方が良いでしょうか? 音も大きい方が良いでしょうか?

足音が大きいということは、それだけ足首、膝、腰などへの負担も大きいということを意味します。

歩く時に、ドシドシ、カツカツ、音がする方は、もしかしたら膝が痛くなったり、腰が重くなったりしているかもしれません。

地面と接する時、つま先、足底、足裏、足首を柔らかく使って歩けていれば、足音は少なくなり、膝、腰への負担も減ります。

ご自分の足音、チェックしてみてくださいね。

ashinami

品川・大崎でロルフィング®、クレニオセイクラルワークやっています。

身体のバランスを整え、自然に楽な姿勢になる~認定アドバンス・ロルファー二戸部千景によるロルフィング・クレニオセイクラルワークを TEL 090-1794-5357 東京都品川区・大崎駅から徒歩3分

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.