疲れない自然に楽な身体になる、効果を持続させるロルフィング® ストレスからの解放にクレニオセイクラルワークを

足のアーチを作る

身体のバランスを整えることはロルフィング®の目的の1つです。

バランスを整える上で、特に大事な要素の1つが足にあるアーチ。

足のアーチが失われると、足底筋膜炎になったり、外反母趾になったり、足のトラブルも増えます。
それだけでなく、ひざ痛、腰痛と言った症状を引き起こす場合もあります。

足のアーチは、身体の中でクッションの役目を果たしています。
クッションが機能しなくなれば、歩いたり、走ったりした時に地面から受ける衝撃はそのまま膝や腰に伝わります。
足のアーチのクッションが生きていれば、衝撃は膝や腰まで伝わることなく、アーチで分散、吸収されるんですね。
そのためにも足のアーチを維持すること、アーチが無い方はアーチを作ることが大切です。

アーチはどういう風にあるかというと、真ん中に縦向きに1つ、外側に縦向きに1つ、そして横向きに1つあります。
この3つのアーチのどれか1つが失われても、何かしらのトラブルが起きる可能性があります。

足のアーチを作るにはどうしたら良いでしょう?

一番一般的なのは、リハビリでも薦められるタオルギャザーです。
タオルギャザーは、床などに置いたタオルを足指で集める作業です。
タオルでなく、ビー玉など何か小さな物を指でつまんで、移動させるというものでも良いでしょう。

つま先を使って歩くの回でもつま先の重要性を書きましたが、足の指先を使えるようになることはアーチを作ることでも大事です。

足のアーチを支える筋肉については、次回書きたいと思います。

足裏

品川・大崎でロルフィング®、クレニオセイクラルワークやっています。

女性ロルファーによる丁寧な施術で、身体の不調を改善し健やかな身体と心を取り戻すお手伝いをしています TEL 090-1794-5357 東京都品川区・大崎駅から徒歩3分

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.